プレスリリース ナジック運営の女子学生会館ブリックスでタニタ食堂のメニューを提供

2018年9月19日

2018年9月19日
ナジック学生情報センターグループ
株式会社学生情報センター
経営企画部広報室
 
ナジック運営の女子学生会館ブリックスでタニタ食堂のメニューを提供
 
 株式会社学生情報センター(本社:京都市下京区/代表取締役社長:吉浦勝博、以下「ナジック」)は、この度、株式会社タニタ食堂(本社:東京都板橋区/代表取締役社長:上木知規、以下「タニタ食堂」)と、ナジックが管理運営する女子学生会館BRICS(町田市、以下、「町田ブリックス」)におけるタニタ食堂のメニュー・調理の提供および同社ロゴの使用、表示看板設置等に関するライセンス契約を締結しました。
 
 これにより、食事付き女子学生会館町田ブリックスの入居学生に対し、タニタ食堂の健康に配慮した一定食当たり500キロカロリー前後で野菜をふんだんに使った塩分3グラム以下の食事を、タニタシェフの調理によって提供できることとなりました。都心部に我が子を送り出す保護者だけでなく、ひとり暮らし学生の54%が栄養バランスに気を遣う(当社意識調査より※)昨今、この取り組みが、学生や保護者に更なる安心を提供できるものと考えています。
 
 創業以来、「常に学生のために」を経営の根幹に据え学生支援を展開してまいりましたナジックとして、健康や食育への関心を学生に持ってもらえるよう健康セミナー等を企画・推進する予定です。 また、将来的には当会館学生が利用しない昼間のアイドルタイムに、近隣住民の方々にタニタ食堂のカフェタイムとして開放することも検討しており、町田ブリックスが食事を通して地域の交流拠点として高度活用される効果も狙っていく方針です。
 
今後も、「ますます学生のために、これからの社会のために」をモットーに学生支援を深めてまいります。
 
以 上
(お問合せ)㈱学生情報センター 経営企画部 広報室 寺田075-352-0122/090-9997-0457
 
株式会社タニタ食堂の概要(2018年4月1日現在)
設  立:2014年5月
所  在:東京都板橋区前野町
代 表 者:代表取締役社長 上木知規
資 本 金:5,000万円
事業内容:直営店舗の運営、パートナー加盟店舗の開発、メニューの提供等

コーポレートサイト:http://www.tanita.co.jp/shokudo

 
ナジック学生情報センターグループの概要(2018年4月1日現在)
創  業:1975年
所  在:京都市下京区
代 表 者:株式会社学生情報センター 代表取締役社長 吉浦勝博
従業員数:620名(グループ計)
事業内容:学生マンション事業、学校寮企画運営事業、
               学校公認学生アルバイト情報の提供、有給インターンシップ(ワークプレイスメント)、
               コーオプ教育の推進事業、社会貢献活動の支援事業

コーポレートサイト:㈱学生情報センターhttp://www.tokyu-nasic.jp/
ナジックマンション:http://749.jp/
キャリアサポート:https://www.nasic-is.co.jp/

 

※8月27日プレスリリース「ナジック ひとり暮らし学生 実態調査2018」ご参照
http://www.tokyu-nasic.jp/topix/data.php?eid=00502